日本のモンサンミッシェル

フランスにある世界遺産を代表する史跡、モンサンミッシェル。

潮の干満の差が激しいサンマロ湾に浮かぶ小島で干潮になると島と陸続きになる干潟が現れて島まで歩いてわたることができました。

今は陸とつなぐ橋がかかっていて、簡単にいくことができます。


d249898c5d9bad362a578dd0640b52b6_ss.jpg



その地理的な景観から海に浮かぶ修道院ともいわれていますが、その日本版があり今注目を集めているそうです。



日本のモンサンミッシェルと呼ばれているそれは、壱岐諸島にある小島神社。

フランスのモンサンミッシェルよろしく干潮になったときだけ本島とつながる干潟が現れます。


その景観の良さからインスタ映えするということと、パワースポットでもあるということで注目を集めています。


ちなみに、グーグルマップで検索してみると、この隠岐島には小島神社がこのほかにもうひとつありました。

行く方はお間違いのないように!(笑)


吉野家 1日限定

牛丼の吉野家が、創業120周年を記念して

牛丼並盛アタマ (牛丼の具)120%に増量キャンペーンを開催しました。


d13f3ec5436e9810bc56036ff11bacc9_ss.jpg


ネットニュースで発表されたのが、前日の午後6時。


もっと早く発表されたところもあったと思いますが、


これにありつけた人は、


たまたま24日のその時間帯に吉野家に行った人か、

しっかりこの情報をキャッチした人でしょう。



どのくらいの人が事前にこの情報を得られていたのでしょうか。


日頃の情報キャッチ力が、


というほどではないにせよ、

やはり新しい情報を掴み続けることは大事だなあとこの記事を見て思いました。




情弱という言葉がいわれるようになって久しいですが、

あまりにも多い情報が巷にあふれている中で、

自分に必要な情報を見つけ出すのもこれからの時代に求められる能力のひとつですね。


常盤貴子

常盤貴子さんが、裁判所の傍聴席で目撃されたという情報が傍聴マニアの間で話題になっているそうです。

最初は、ドラマの弁護士役が決まった事がきっかけだそうですが、それ以来6年間、月に一回は傍聴に言っていると言う筋金入りだそう。


97389407ed39bbd78d6668257fe5d8a5_ss.jpg


普段はみられない人間模様が見られたり、人の本音や欲、エゴなどを見る事ができて勉強になるようです。

こういうのは役者としての自分の仕事にもかなり役に立ちそうですね。

単純に好きなだけかもしれませんが、好きこそ物の上手なれ。



女優としての厚みがますひとつの要因でしょう。




miss you もういちど逢いたくて―常盤貴子写真集

中古価格
¥1,110から
(2019/1/24 03:43時点)





三浦雄一郎

86歳で南米大陸最高峰アコンカグアの登頂とスキー滑降に挑戦していた三浦雄一郎さんが、登頂を断念したそうです。

チームドクターからのストップの判断を受け入れたとの事。

ドクターは6千メートルの標高は生物学的に86歳の限界と話しているという事です。



2018-12-25 11.03.19xss.jpg



さすがに年齢には勝てないものがありますが、これは本当に極限の世界。

その限界にチャレンジすることに生きがいを見出していた三浦さん。


ひとまず無事に帰ってきて欲しいです。



そして、再度チャレンジするとも。

さすがです。


ジムニー

発売以来、話題が耐えることがない新型ジムニー。


生産が全く追いつかないその人気ぶりは、実際に購入して走ったドライバーがさらに納得するほどのアウトドアでの使い勝手や走破性を見せているようです。


最近はこういった悪路走破系の本格的クロカン四駆がほぼ全滅状態。






ランクルですら方向が少しラグジュアリーSUV路線に向かってきたし。

プラドはまだ良さそうだけど。



ますますジムニーが欲しくなりました。